忍び寄る害獣

忍び寄る害獣の被害

地球温暖化に伴い、どんどん生態系の破壊が進んでいることがニュースでも報道されています。これは私達の生活において大きな被害をもたらすことにも繋がり、害獣が住み着くのもこの地球温暖化が影響をしていることが分かっています。害獣に指定されているネズミ、ハクビシン、イタチなどの哺乳類は元々住処となるところがありましたが、生態系が崩れていることから自分のテリトリーから食物を摂ることができなくなっています。そうした結果、人間の住処に居着いて建材や人間が食べる食材などを食べて生活をし、糞尿被害を撒き散らす結果に至っています。こうしたことから、害獣駆除の必要性が広がっており、都市部でも害獣駆除でも求められています。

住宅の変化に気づこう

害獣駆除が必要になるタイミングは、ある程度被害が目に見えた形で表面化する時だと思われる人が多いでしょう。例えば、冷蔵庫が荒らされていたり見覚えのな小さな糞が家のあちこちに落ちていたりです。また、確実に害獣が住み着いているパターンとしては、天井裏でドンドンと走り回るような音がする時でしょう。こうした変化が訪れた際はできるだけ早く、害獣駆除のプロに連絡をして対策をすることが大切です。早い段階で害獣駆除をしておけば、それだけ被害は最小限に済ませることができます。しかし、放置していると住宅にも大きな被害が出てきますし、生活環境の汚染も懸念されるので気をつけておきましょう。